ドリームランドよ永遠に…その2


園内の解体工事も本格化してきた4月上旬…
4月12日と4月19日の2回、解体の進むワンダホイールを中心に、園内の様子を再び撮影してきました

4月12日はまだかろうじて全体の形を残していたワンダーホイールですが
4月19日には支柱部分を残すのみとなっていました

その他の遊具も解体が進み、大海賊やガリバーくんも姿を消しました

噂では、5月中には解体工事が終了するとの事です
今は残っている潜水艦やジャングル探険船、シャトルループなども遠からずその姿を消すことでしょう


4月12日



展望台・凱旋門も取り壊された園内で、ぽつんとあの看板だけが残されています




ワンダーホイールも、ゴンドラや「DREAMLAND」の文字の取り外しに続いて、リング部分の解体工事が始まりました




空中で断ち切られた、「揺れるゴンドラ」のレールが寂しさを募らせます




円弧を描いていたリング部分の鉄骨が外されてゆきます




潜水艦越しのあの風景も、変わろうとしています


4月19日



そして1週間後の4月19日…ガリバーくんやサーキット2000が姿を消していました




ワンダーホイールも、リング部分の解体が終わり、とうとう支柱のみとなってしまいました




放射状に断ち切られた鉄骨が、生々しい切口を見せています




フェンス越しの園内です
ワンダーホイールの周囲のものも、全て無くなっています




手前の瓦礫の山は、かつて「バンドール=円形レストラン」だったところです




支柱のみとなったワンダーホイールを見つめる潜水艦YDL1号
開園以来39年間共に過してきた仲間の消え行く姿を黙って見つめています