ドリームランドよ永遠に


年が明けた2003年1月…とうとうドリームランドの解体工事が始まりました
当初の予定よりはるかに長く生き長らえたドリームランドの遺構たちですが、ついにお別れの時がやって来たようです
凱旋門だけでもモニュメントとして残していただければ…と思っていたのですが、耐震性に問題があるらしく解体が決まったとのことです

1月11日・18日・25日そして3月9日と4回にわたり、そんなドリームランドの情景を撮影してきました




外周フェンスに取り付けられた看板
「ドリームランド解体工事」という文字がついにその時を告げます…



1月11日:解体工事着手直前の光景です
凱旋門の前まで行けたのは、これが最後でした











1月18日:解体工事がついに着手されました
凱旋門に行くプロムナードに柵が設置され、凱旋門の周辺にも足場が組まれ始められました
まだ凱旋門の全景はかろうじて望めます









1月25日:凱旋門の周囲は、高いフェンスで覆われ、あの見慣れた景色も過去のものとなりました
もちろん、凱旋門に近づくことはできません
あの円形のチケット売り場も見えなくなりました









工事用フェンスの間から見えた園内の様子は、まだ変化がないようです





そして、少し間が空きましたが、3月8日…
フェンスの向こうにそびえていた凱旋門の姿は、もうありませんでした





ドリーム銀座では、まだ2軒の医院が営業中のため、通路は解放されていますが
両側は高いフェンスで囲われてしまい、園内の様子は全く見えません



フェンスのすきまからかろうじて園内の様子が見えました
展望台のあったあたりです(涙)



1箇所だけフェンスが透明になっているところがありました
凱旋門と、展望台のあったあたりだと思われますが、すでにその姿はありません




しかしただ1箇所だけ、奇跡のような場所を見つけました
工事用車両の通路を迂回させるためか、かつてミュージックエクスプレスがあったあたりに
歩行者用の通路が作られており、宮廷庭園の外周フェンスに沿って歩くことが出来ます



宮廷庭園の外周フェンス
もし記念に残せるのなら、なんとか保存したいのですが無理でしょうか…



開園以来、園内をずっと見守ってきたドリームの紋章です



現在は、凱旋門方向から解体が進んでいるようですので
園内中央部、ワンダーホイールのあたりは、まだ手付かずのようです
また定期的に、解体の様子を見に行きたいと思っています